友達はいらない?一人で生きるメリットとデメリットについて考察【ソリタリー】

コラム

世間では一般的に、「多くの友人を作ること」や「周囲と強いつながりを持つこと」の大切さが強調されています。

たしかに、周囲の人たちと良好な人間関係を築くことは大切です。

ですが、それが必ずしも、幅広くて強固なつながりである必要はないはずです。

周囲の人たちを傷つけたり、迷惑をかけない範囲内であれば、友達を作らずに一人で行動する生き方が認められても良いかと思います。

「出来るだけ人と関わらずに生きたい」という方は、少なからずいると思われます。

ここでは、友達を作らず、他者と最低限の関わりしか持たずに、一人で生きることのメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

一人で生きるメリット

予定が計画通りに進みやすい

友達を作らずに一人で行動していると、少なくともプライベートの時間では、急な予定の変更やキャンセルなどに振り回されることがありません。

また、友達との約束事が生じる心配をしなくて済むので、自由な時間をフル活用して予定を立てることができ、物事が計画通りに進みやすいメリットがあります。

特に、友達の誘いをなかなか断ることが出来ず、自分の時間を作れずに困っている人は、他者と必ずしも深く関わらない意思を持つことで、問題が緩和されるかと思います。

余計な出費がかからない

他の人と一緒に行動していると、外食費や飲み代などで出費がかさんでしまいます。

それが交際費として価値のあるものだと感じられれば良いのですが、本来は一人で行動したいと思っている場合には、余計な出費として経済的・精神的な負担となってしまいます。

どうしても他人のペースに合わせて行動してしまう人は、無理して友達を作らないほうが、経済的にも精神的にも余裕を持って生活することが出来ます。

人付き合いに悩まなくて済む

多くの人にとって、人生の最大の悩みは人間関係であると言われています。

仲の良い友達であっても、その人の行動や言動に気に入らないところがあると、それが悩みの種やストレスになってしまうことがあります。

人の長所も短所もひっくるめて友人関係を築くことが理想かもしれませんが、悩みやストレスの原因となる人付き合い自体を極力少なくするという方法も、必ずしも悪いことではありません。

一人で生きるデメリット

大人数ならではの楽しみ方は出来ない

バーベキューや飲み会を大人数でワイワイ楽しむようなことは、友達を作らずに一人で生きていると難しくなります。

もちろん、一人でバーベキューをしたり、バーや居酒屋でお酒を飲んだりすることも出来ますが、大人数でいる時とはまた違った楽しみ方になると思います。

その人がどのような価値観を持っているかにもよりますが、一人では出来ない人生の楽しみ方もあるということは、認識しておいても良いのかもしれません。

利害関係のない助けは期待できない

良い友人をたくさん持っていると、困ったときに手を差し伸べてもらえることがあるかと思います。

通常は自分の利益を求めて友達を作るわけではないかと思いますが、「悩んでいる時に慰めてもらう」「引っ越しを手伝ってもらう」「終電を逃した時に家に泊めてもらう」などは、友達がいるからこそ期待できる助けであるといえます。

一人で生きる場合には友達の助けを期待することは出来ず、常にお金などの対価を払ってサービスを受ける必要があることを、覚悟しなくてはなりません。

人生におけるサプライズが少ない

様々な人と交流していると、良くも悪くもこれまで予想してなかった出来事に遭遇する機会が多くなります。

例えば、「友人を介して新しい人々に出会う」「これまで知らなかったことを紹介されて興味を持つ」といったことが、幅広い交流を持つことのメリットとして期待されます。

一人で生きていると、予想外の出来事に遭遇する機会は少なくなりがちなので、予定を計画通りに進める点では有効ですが、その分喜ばしいサプライズとの出会いが少なくなるかもしれません。

まとめ:人には生き方を模索する権利があるはず

「多くの友人を作ること」や「周囲と強いつながりを持つこと」が大切だと言われているのは、それらが社会を生きる上での有効な戦略であったことが、背景として存在していると考えられます。

他者との直接的で良好な人間関係を築くことが、幸せな人生を送るための確率を高めてくれることは、一般的には間違いないかと思います。

ですが、それが幸せになるための唯一の生き方であるかどうかはわかりませんし、決まった生き方や価値観を他者に強制することも出来ません。

私たちは文化や教育の影響を受けずに成長することは出来ませんし、お金を稼いで生活するためには、他者にサービスを提供する必要も生じます。

そのため、人と全く関わらずに生きるということは不可能です。

ですが、ルールを守り、周囲に迷惑をかけない範囲で、人となるべく関わらずに生きることに関しては、自由に選択する権利があると思います。

一人でいることが幸せな人生につながる保証はありませんが、「出来るだけ人と関わらずに行きたい」という気持ちがある方は、その気持ちを尊重したうえで、幸せになるための生き方を模索すれば良いのだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【ソリタリーとは】一人好き・孤独を愛する人々の性格・特徴と向いている仕事について

【一人で自由に】資産となるブログの始め方【コツコツ運営】