人間関係で疲れやすい人に旅する暮らしがおすすめ出来る理由

コラム

人に気を遣いすぎてしまったり、人前で本音を語ることが苦手だったりすると、人間関係に疲れてしまうことがあります。

人間関係に疲れやすく、仕事が続かないなどの悩みを抱えている方は、現代社会に存在する常識や固定観念に目を向け、新しい生き方を模索してみるのも良いかもしれません。

ここでは、人間関係で疲れを感じやすい人に、場所に縛られない旅する暮らしがおすすめ出来る利用をご紹介したいと思います。

人は長期的な人間関係にストレスを感じやすい

人間関係で疲れやすい人に旅する暮らしをおすすめ出来る理由として、「人は長期的な人間関係にストレスを感じやすい」ということが挙げられます。

私たちは基本的に一つの場所に住み、家族・同僚・友人・隣人などと長期にわたる人間関係を築くことを、当たり前と感じていることが多いかと思います。

ですが、一つの場所に長期間住み続け、常に同じ人たちとの関係を継続する生き方は、人間が定住生活を開始した約1万年前に始まったばかりであり、約30万年前に誕生したとされる現生人類(ホモ・サピエンス)の歴史から見ると、わずか「30分の1」という短い期間に過ぎません。

人間が定住生活を開始した約1万年前から社会は大きな変化を遂げましたが、私たちの心と体は社会の在り方ほど大きく変わってはいません。

そのため、長期的な人付き合いへの適応が難しく、それをストレスに感じてしまう人がいる可能性も、十分にあり得ると言えるでしょう。

家を持たない暮らしは人間として自然な生き方なのかもしれない

気遣いのある人は人間関係に疲れやすい

人の望んでいる物事を敏感に察知することができ、期待に応えられるように頑張ってしまう気遣いのある人は、人間関係においてストレスを抱え込みやすい傾向にあります。

人に気を遣えることは、「他者を嫌な気分にさせない」「周囲に迷惑をかけない」などの点で、とても素晴らしい魅力であると思います。

一方で、自分の心をすり減らしてまで周囲に気を遣う必要はありません。

優しい心を持って他者に接することの出来る人は、同じような心持ちで自分にも接してあげて良いはずです。

素直な自分を表現することは難しい

気を遣いすぎて人間関係に疲れてしまう人の中には、なかなか自分の意見や要求を口に出せない方が多いかと思います。

そのような場合、周囲の人の愛情や親切心を信頼して、自分の思ったことを素直に表現できれば、気持ちがとても楽になるはずです。

ですが、普段から周りに気を遣いがちな人が、急に自分の素直な気持ちを表現するのは、とても難しいことであると思います。

人付き合いの場では、「あるがままの自分」を表現することが最良の方法であると考えられがちです。

ですが、それが上手く出来ないのであれば、無理して自分をさらけ出す努力をしなくても良いかと思います。

内面を変えるのが難しいのなら環境を変えてみては

上で述べたように、私たちは長期的な人間関係にストレスを感じやすい可能性があり、周囲に気を遣いがちな人は、そのストレスを人一倍抱え込んで疲れてしまうことが考えられます。

ですが、周囲に気を遣う人がいきなり、あるがままの自分をさらけ出すことは簡単ではありません。

そのような場合には、無理に自分の内面を変えようとするより、自分の生活環境を変えてしまうことの方が、人間関係におけるストレスを解消させるための解決策となるかもしれません。

その解決策の一つとして考えられるのが、「旅をしながら暮らす」という生き方です。

現代はインターネットの発達によって、遠く離れた場所で仕事をする「ノマドワーク」や「リモートワーク」といった働き方が広まっています。

そのため、オフィスに出社することが当たり前だった時代と比べれば、旅をしながら働くという生き方の実現可能性は高くなっています。

旅をしながら働くことで必ずしも安定した生活を送れる保証はありませんが、現在の人間関係に疲弊してしまっている方は、現実的な選択肢の一つとして考えても良いかと思います。

多拠点生活におすすめの仕事は?フリーランスとしても働ける職業5選

人間や社会は錯覚する

私たちの暮らす日本社会では、一つの企業に定年まで勤め上げることが常識だとされていました。

そして、良い暮らしを送るためには、有名大学を卒業して優良企業に就職することが、現実的な選択肢であると考えられていました。

しかし、日進月歩で変化する現代社会では、これらの常識は時代遅れなものとなりつつあります。

人間の脳は錯覚を起こし、現実に起きている物事をありのままに捉えられないことが多々あります。

これは、外界から取り入れた情報を、理解しやすい形に脳が処理してしまうことによって生じます。

脳が起こす錯覚は、現実を見誤る可能性を生じさせてしまいますが、一方で迅速な状況判断を下すための大きな助けとなります。

社会における常識や固定観念は、人間の脳が起こす錯覚に似ています。

常識や固定観念は世界を簡潔に捉える上で役立ちますが、人や社会に対する誤解や間違いを起こす原因となってしまうことがあります。

私たちの社会では、長期的な人間関係を築かないことは非常識であり、旅をしながら暮らすことは現実的でないと考えられがちですが、それらの固定観念を取り払って新しいことに挑戦することには、大きな価値があるのだと思います。

まとめ:固定観念を取り払うことが大切

この記事では、人間関係に疲れやすい人に旅する暮らしがおすすめ出来る理由を述べました。

ですが、人によっては環境の変化に疲れやすい方もいるため、人間関係に疲れやすいからといって、必ずしも旅する暮らしが向いているとは言い切れません。

ですが、そのような方にも言えることは、「人間関係に疲れないためには、固定観念に捉われない人付き合いや生き方を模索することが大切」だということです。

もしあなたが現在の人間関係にストレスを感じているのであれば、自分が人付き合いに対して抱いている固定観念を捉えなおし、周囲の人たちを傷つけない範囲で、人との新しい付き合い方に挑戦してほしいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【まとめ】家を持たないアドレスホッパーとは。住民票・税金・仕事の疑問や多拠点生活のメリット・デメリットについて解説

【外こもりとは】海外に長期滞在するための生活費・収入・仕事・持ち物について