【HSP×マインドフルネス】人生における迷いや悩みと向き合うためのシンプルな方法

コラム

人生において迷いや悩みは尽きないものであり、私たちは日々それらと格闘しながら生きています。

迷いや悩みを確実に解決し、それらを克服する方法を見つけることは、大変難しいかと思います。

ですが、それら迷いや悩みとの上手な向き合い方であれば、指針を示すことは出来ます。

ここでは、人生における迷いや悩みと向き合うためのシンプルな方法について解説します。

迷いや悩みと向き合うための3つのステップ

人生における迷いや悩みと向き合うための方法は、3つのステップに分けることが出来ます。

1.迷いや悩みを解決するための指針を立てる

2.解決のための指針に沿った行動を取る

3.行動した結果を観察し、次の行動のための指針とする

以下で、これら3つのステップについて詳しく述べていきます。

迷いや悩みを解決するための指針を立てる

迷いや悩みが生じたとき、まず行うべきことは「迷いや悩みを解決するための指針を立てる」ことです。

この指針を立てる上で参考になるのは、「自分自身の経験」「信頼できる人のアドバイス」「勉強によって得た知識」などです。

ですが、他者のアドバイスや本などの知識を鵜呑みにするのは好ましくありません。

解決のための指針は、それらを参考にした上で、自分自身で作り出すのが重要です。

解決のための指針に沿った行動を取る

迷いや悩みを解決するための指針を立てることが出来たならば、次は「解決のための指針に沿って行動する」ことが大切です。

迷いや悩みを解決するための行動を取る上で重要なのは、行動するための指針が実現可能なものであることと、一度設定した指針に対して妥協しないことです。

もしも、設定した指針が行動によって実現できないならば、実現可能な形に行動指針を変えるべきかと思います。

行動した結果を観察し、次の行動のための指針とする

迷いや悩みを解決するための指針を立て、それに沿った行動を実際に取ったならば、その行動に応じて「迷いや悩みが解決する or 解決しない」といった結果が生じることと思います。

結果がどうであれ、その際に大切なのは、「行動した結果を観察し、次の行動のための指針とする」ことです。

行動を起こした結果、迷いや悩みが解決されたのであれば、なぜ解決されたのかを考えます。

迷いや悩みが解決されずに残ったままの場合は、なぜ解決されなかったのかを考え、その情報を基に解決するための新しい指針を立てます。

この3つのステップを通して得た経験は、次に迷いや悩みと直面したときの助けとなってくれます。

迷いや悩みを確実に解決することは可能か

以上、人生における迷いや悩みと向き合うための方法を解説しましたが、果たしてこの方法でそれらを確実に解決することは可能なのでしょうか?

残念ながら、以上の方法で迷いや悩みを確実に解決することは出来ません。

私自身、これまでの人生において様々な迷いや悩みに直面し、以上の方法に沿ってそれらの解決に力を尽くしてきました。

しかしながら、行動した結果解決できた問題もあれば、解決できなかった問題もあるというのが実情です。

人生において迷いや悩みが尽きることはなく、それらを一度解決しても、また新しい迷いや悩みが生じてきます。

そのため、人生における迷いや悩みと向き合う上で大切なのは、「指針を立てる」「行動する」「結果から学ぶ」というプロセス自体に価値を見出し、生涯にわたってそれを続けていく覚悟を持つことかと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【まとめ】HSPの長所・才能を生かせる仕事・おすすめの適職5選

【オンラインカウンセリング】cotreeをおすすめしたい理由・料金・評判・口コミまとめ