【HSPの適職】未経験から在宅プログラマーになるには。きめ細やかなHSPはプロラミングに向いている

HSPと仕事

プログラマーは在宅ワーカーとしての働き方が最も進んでいる職種の一つです。

世界では将来的なIT人材の不足が予想されており、社会におけるプログラマーの需要は非常に高い現状にあります。

高い需要があるプログラマーは他の職業と比べても平均収入が高く、経験豊富なプログラマーの中には、在宅で仕事をしながら年収1000万円以上を稼ぎ出す人もいます。

情報処理能力や想像力に優れており、物事の細かな変化にもよく気が付くHSPは、優秀なプログラマーになれる素質を秘めています。

また、プログラミングはこれからの社会における必須スキルとなることが確実視されています。

そのため、プログラミングスキルの修得は、HSPの働きやすさ・生きやすさを大きく向上させてくれるはずです。

ここでは、プログラミング未経験のHSPが、在宅プログラマーになるために必要な基礎知識と、在宅プログラミング案件を獲得するための道筋について解説します。

プログラマーの仕事内容

プログラムに命令を下すための「プログラミング言語」を用いて、コンピューター上のシステムやソフトウェアを作成することが、プログラマーの主な仕事内容です。

プログラミング言語にはHTML・Python・C++といった様々な種類があり、webサイト構築・アプリ開発・AI開発といった用途により使い分けられています。

プログラマーとよく混同されるのが「システムエンジニア(SE)」ですが、システムエンジニアは求められるシステムやソフトウェアを開発するための設計図(仕様書)を作成する仕事です。

システムエンジニアが作成した仕様書をもとに、プログラマーがシステム・ソフトウェアを完成させます。

洋服づくりに例えると、洋服のデザインを考えるデザイナーがシステムエンジニアで、与えられたデザインをもとに洋服の縫製を行う職人がプログラマーであるといえます。

また、作成したシステムやソフトウェアが正常に作動するよう、プログラムのバグを発見・修正することを「デバッグ」といい、これもプログラマーにとって重要な仕事の一つです。

デバッグには小さなミスも取りこぼさない注意力と、コツコツとトライ&エラーを繰り返す根気強さが必要とされます。

そのため、細かい作業をコツコツと積み重ねることに長けているHSPは、プログラマーとしての高い適性があるということが出来ます。

パソコンに向かって黙々と作業するイメージの強いプログラマーですが、システムエンジニアや他のプログラマーとやり取りをしながら、連携して仕事を進めることも求められます。

在宅プログラマーの収入

在宅ワークには「Webライティング」や「データ入力」といった様々な仕事がありますが、プログラミングは数ある在宅ワークの中でも最も平均収入の高い仕事であると言われています。

フリーランスとして活躍しているプログラマーの年収に関するアンケートの結果によると、半数以上が年収400万円以上・約3分の1は年収700万円以上を稼ぎ出しています。(参考

さらに、上位7%の年収は1000万円以上であり、在宅ワークで生計を立てる上で、プログラミングが非常に役立つスキルであることがわかります。

在宅プログラマーになるには

在宅プログラマーになるためのスキルを修得する上で、考えられる主な道筋は以下の3つです。

・独学
・プログラミングスクール
・IT企業への就職

「独学」は学習に必要な資金も少なく、一人で進めることの出来る点が大きなメリットです。

ですが、独学ではプログラミング経験を示すための業績作りが難しく、在宅でのプログラミング案件をなかなか受注できないことが予想されます。

独学プログラマー:独学でプログラマーとなるための知識が網羅されたベストセラー本

「IT企業への就職」は、給料をもらいながらプログラミングスキルを磨ける点が魅力です。

プログラミングに関する実務経験が総合的に身に付き、仕事を通して業界関係者とのコネクションも形成できるので、その後の在宅プログラミング案件の受注にも有利に働きます。

ただし、仕事をする上では様々な雑務もこなさなくてはならないため、プログラミングスキルの修得という点では、時間を要することが難点です。

GEEK JOB:未経験からの転職率95%以上を誇るプログラマー特化型の転職支援サービス

「プログラミングスクール」は、未経験者が短期間のうちにプログラミングスキルを修得する上では、最も確実な道筋であるといえます。

また、多くのプログラミングスクールは修了後の就職支援を行っており、在宅で働きたいことをあらかじめ相談しておけば、在宅案件獲得をサポートしてくれる場合もあります。

難点は学習費用がかかることで、3ヶ月間のコースを受講する場合は、入学金と受講料を合わせて約15~25万の費用を必要とします。

CodeCamp:日本最大の受講者数を誇る大手オンラインプログラミングスクール

おわりに

コツコツと細かい作業を積み重ねることが得意で、よく気が付いて想像性も豊かなHSPは、優秀なプログラマーになるための素質を持っています。

これからの社会において、プログラミングが必須スキルとされる仕事がますます増えていくことは、確実視されています。

そのため、プログラミングスキルを修得し、「個人で働く」「在宅で働く」ための力を身につけることは、HSPの生きづらさや働きづらさを改善させる上で、非常に大きな助けとなります。

これから在宅プログラマーを目指したいHSPの方は、プログラミングスキルを修得すれば、将来にわたって役立つ財産となってくれるはずです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【まとめ】HSPの長所・才能を生かせる仕事・おすすめの適職5選

転職を繰り返すHSPにおすすめの求人サイト【就職・仕事探し】

コメント