在宅ワークならロングスリーパーのHSPでも安心して働ける。仕事時間・収入・登録すべきサービスについて

HSPと仕事

繊細・敏感な性格が特徴的なHSPは、他の人よりも疲れやすい傾向にあります。

そのため、HSPの中には、長い睡眠時間が必要な「ロングスリーパー」の方が多くいるかと思います。

また、ロングスリーパーであるとともに、夜中につい考え込んでしまってなかなか寝付けなくなることも、睡眠に関してHSPが持っている悩みの一つです。

人よりも長い睡眠時間が必要でありながら、なかなか十分な睡眠がとれないHSPは、社会の一般的な生活リズムに合わせているだけでも、大きな負担を感じてしまう場合があります。

そのため、HSPが長く仕事を続けるためには、自分の生活リズムを維持出来る仕事や働き方を見つけることが大切です。

近年知名度が高まっている在宅ワークは、HSPにとって最も続けやすい働き方であるといえます。

ここでは、HSPが在宅ワークで生計を立てる上で必要な労働時間と収入、在宅ワークを始める上で登録すべきサービスについて解説します。

ロングスリーパーのHSPが在宅ワークをするメリット

自分の好きな時間に働ける

一般的な企業で働く場合と異なり、在宅ワークでは出社時間や退職時間が決められていません。

そのため、人を相手にして仕事をする場合は別として、在宅ワークでは自分の好きな時間に働くことが出来ます。

その分、自分で労働時間をコントロールする必要がありますが、自分を律することが得意なHSPなら、ルールに縛られていなくても自発的に仕事に取り掛かることが出来るかと思います。

通勤時間が必要ない

会社に出社して働く場合には、実際の労働時間に加えて、通勤時間を確保しなくてはなりません。

また、人よりも疲れやすい傾向にあるHSPは、通勤ラッシュなどに巻き込まれてしまうと、それが仕事の能力に大きく影響してしまいます。

在宅ワークでは通勤時間を確保する必要がないので、ロングスリーパーのHSPはその時間を睡眠などに充てることができ、より充実した状態で仕事に臨むことが出来ます。

落ち着いた環境で働ける

HSPにとって、人に見られながら仕事をすることは、大きなプレッシャーになることがあります。

そのため、たとえ能力のあるHSPであっても、人に囲まれた環境ではその力を十分に発揮できない場合があります。

その点、在宅ワークはHSPが最も落ち着ける環境で働くことが出来るため、HSPが能力を発揮しやすい働き方であるといえます。

残業や飲み会で睡眠時間を削られない

ロングスリーパーのHSPにとって、残業や飲み会で睡眠時間を削られることは、心身ともに大きな負担となってしまいます。

在宅ワークでは、周りに合わせて働く必要も、人付き合いのために飲み会に参加する必要もないため、自分に必要な睡眠時間を確保しやすいメリットがあります。

在宅ワークは、仕事の時間だけでなくプライベートの時間においても、自由度の高い働き方であるといえるでしょう。

在宅ワーカーの仕事時間と収入(月収)

在宅ワークには様々な種類がありますが、中でも最も一般的で初心者でも始めやすいのが、ブログ記事などを執筆する「Webライティング」です。

以下に、Webライティングで収入を得ている在宅ライターの仕事時間(1日)・収入(月収)・ライター歴を表にして示しました。(参考

A(専業)B(主婦)C(主婦)D(主婦)
仕事時間(1日)6時間5時間8時間8時間
収入(月収)15万円10万円18万円32万円
ライター歴1年2年5年2年

在宅ワークの場合、「働いた時間」ではなく「働いた量と内容」に応じて賃金が支払われるので、人によって仕事時間あたりの収入にバラつきがあります。

また、慣れるまでは時間あたりの仕事量が少なくなるので、未経験者が十分な収入を得るまでには、ある程度の期間が必要です。

ですが、Dさんを見るとわかるように、経験次第では在宅で働きながらでも正社員以上の収入を見込める点は、在宅ワークの大きな魅力であるといえます。

在宅ワークを始める上で登録すべきサービス

Webライティングの案件を扱っているクラウドソーシングは多数ありますが、中でも利用者数・案件数ともに豊富なのが、「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

クラウドワークスとランサーズはどちらも日本最大級のクラウドソーシングで、在宅ワークを始めるならまず登録しておきたいサービスです。

また、在宅ワーク未経験の方には、「サグーワークス」もおすすめです。

サグーワークスはライティングに特化したクラウドソーシングで、依頼者と直接やり取りをせずに、担当者の指示の下で仕事を進めることが出来ます。

初心者のうちはサグーワークスを、長期的にはクラウドワークスやランサーズをメインに仕事を行うのが、これから在宅ワークを始める方におすすめ出来る働き方です。

以下の記事では、Webライティング以外の在宅ワークについても紹介しているので、参考にしてください。

【HSPの適職】HSPに向いている仕事は在宅ワーク。その理由と代表的な職種をご紹介します

おわりに

自分のペースで働きやすく、通勤・残業・飲み会などに悩まされない在宅ワークは、ロングスリーパーのHSPにとっては理想の働き方であるといえます。

充分な収入を得られるまでに時間がかかるのが難点ですが、少しずつ経験を積んでいけば、家にいながら正社員以上の収入を目指せる仕事でもあります。

在宅ワーカーの需要や市場はこれからますます大きくなり、今後は在宅で働くことが一般的になる時代がやってくると予想されます。

そのため、在宅ワークの経験は、これからの社会を生き抜く上で有利に働くことも考えられます。

在宅ワークに興味のある方は、まずはスキマ時間で出来る範囲から始めてみるのが良いかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【まとめ】HSPの長所・才能を生かせる仕事・おすすめの適職5選

転職を繰り返すHSPにおすすめの求人サイト【就職・仕事探し】

コメント