【HSPの適職】心理カウンセラーになるには。仕事内容、メリット・デメリット、関連資格についてまとめました

HSPと仕事

高い共感力を持ち、他者の悩みや苦しみに寄り添うことの出来るHSPにとって、心理カウンセラーは適職の一つであるといえます。

ここでは、心理カウンセラーになるための基礎知識、仕事内容、メリット・デメリット、関連資格について解説します。

心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーになるために必要不可欠な資格はありません。

しかし、実際の求人の場では「公認心理師」「臨床心理士」「認定心理士」といった資格の保有を問われるケースが多いのが実情です。

これらの資格を取得するためには、大学・大学院での所定科目の履修やカウンセラーとしての実務経験が必要とされます。

そのため、心理カウンセラーになるには大学・大学院で心理学といった関連科目を履修し、後で述べる心理系資格を取得することが現実的です。

仕事内容

心理カウンセラーとしての主な仕事は、相談者の抱える悩みや問題に耳を傾け、その理解や解決に相談者自身が自発的に取り組めるよう手助けすることです。

活躍の場は病院や診療所だけにとどまらず、学校や会社、公共施設などで専門的にカウンセリングを行う場合もあります。

経験を積んだ心理カウンセラーの中には、独立して自身のカウンセリングルームを開業する人もいます。

HSPが心理カウンセラーとして働くメリット

HSPの高い共感力を生かすことが出来る

HSPは他者の心に寄り添う高い共感力と優しい心を持っています。

心理カウンセラーこそは、そのようなHSPの美点を最も生かせる職業であると言っても過言ではないでしょう。

カウンセリングを通して悩んでいる人に前を向いて生きる活力を与えることで、HSPは自分の能力・性格が社会に大きく貢献することを実感できると思います。

職場においてHSPに対する理解が得やすい

HSPが仕事において感じる悩みの最大のものが、職場での人間関係ではないでしょうか?

心理カウンセラーであっても、人間関係に関する悩みから完全に解放されることはありません。

ですが、他の職場と比べてHSPに関する認知度は抜群に高く、HSPであるあなたが抱える悩みや生きづらさに対する理解も得やすいはずです。

カウンセリングの知識を自己理解や生きづらさの解消に活用できる

心理カウンセラーになる上で必要な知識は、自分自身の生き方にも活用することが出来ます。

カウンセリングの知識を通して自己理解を深めることで、生きづらさを抱え込まないための人付き合いや生活習慣を身に着けることも可能です。

さらに、自身が生きづらさを解消する経験を積んでいくことで、その経験を相談者に対するカウンセリングにも生かすことが出来ます。

将来AIによって代替される可能性が低い

心理カウンセラーとは相談者の悩みに共感する心が必要で、AIによる代替の効かない職業であると言われています。

そのため、将来においてAI開発が進んだとしても、心理カウンセラーの需要がなくなることはありません。

心理カウンセラーは、資格さえ持っていれば職を失う心配の少ない将来有望な職業であると言えるでしょう。

HSPが心理カウンセラーとなる上での注意点

相談者の悩みに強く共感し、精神的に落ち込んでしまうことがある

HSPは高い共感力を持っているため、相談者の悩みや苦しみを必要以上に受け取ってしまうことがあります。

そのため、カウンセリングを通して相談者の精神状態に同調し、自分自身が落ち込んでしまうことがあるかもしれません。

相談者の悩みに親身になって寄り添いながらも、プロのカウンセラーとして一定の線引きを行う必要があります。

相談者に生活リズムを左右されてしまう可能性がある

心理カウンセラーは、対面のカウンセリングだけでなく、電話やメールでのカウンセリングを行う場合もあります。

その際、電話対応をする時間帯やメールの回数などに限度を設けておかないと、相談者の要求によっては自分の生活リズムが維持できなくなる可能性があります。

他者の頼み事を断るのが苦手なHSPは、カウンセラーとして相談者の悩みにどれだけの時間を割けるのかを、前もって明確にするのが良いかもしれません。

関連資格

公認心理師

平成29年に全面施行された「公認心理師法」の下、日本初の心理職の国家資格として誕生したのが公認心理師です。

公認心理師は医療・福祉・教育・産業といった様々な現場において、高度な知識や技術に基づいて心理的な支援を提供出来る専門家であることが求められています。

心理職として唯一の国家資格ですので、歴史は浅いですが今後は心理カウンセラーになるためのメジャーな資格となることが予想されます。

受験資格を得るためには、大学・大学院での科目履修および実務経験が必要です。

一般財団法人 日本心理研修センター

臨床心理士

臨床心理士は臨床心理学に基づいた知識や技術を用いて、カウンセリングなどの心理に関わる業務を行う専門家です。

民間の心理学関連資格として最も高い知名度・取得難易度を誇り、数ある心理系資格の中でも権威ある資格とみなされています。

クライアントと対面して行うカウンセリングだけに留まらず、福祉に関するコンサルティングや心理学に関する調査・研究などもその業務内容に含まれています。

受験資格を得るためには、大学・大学院で所定科目を履修する必要があります。

公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会

認定心理士

認定心理士は、心理学の専門家として仕事をするのに必要な基礎知識と技能を修得していることを証明するための資格です。

大学で所定の科目を履修し、「公益社団法人日本心理学会」から認定されることで、取得することが出来ます。

公認心理師・臨床心理士のように資格試験を受ける必要はなく、単位取得のみで得られる心理学関連の基礎資格です。

公益社団法人 日本心理学会

おわりに

心理カウンセラーはHSPの長所を生かすことが出来るうえに、職場環境にも比較的恵まれている仕事です。

また、人の気持ちに共感することが必要とされるため、AIによる代替の難しい将来有望な仕事でもあります。

この記事が、これから心理カウンセラーを目指したいあなたのお役に立てれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【まとめ】HSPの長所・才能を生かせる仕事・おすすめの適職5選

転職を繰り返すHSPにおすすめの求人サイト【就職・仕事探し】

コメント