繊細・敏感なHSPが自分に自信が持てない原因は、社会の価値観とのギャップにある

コラム

HSPが生きづらさを抱える原因の一つに、「自分に自信が持てない」ということが挙げられるかと思います。

5人に1人という少数派で世間からその価値を認められにくいHSPは、他のHSPでない人たちに比べて自信を持つことが難しいのかもしれません。

ですが、あなたが自分に自信を持てないHSPであっても、そのことを悲観する必要はありません。

なぜなら、「自分に自信が持てないというあなたの性格は、あなたの美点である」とも考えることが出来るからです。

ここでは、自分に自信が持てないことがHSPの美点となり得る理由について解説したいと思います。

社会から認められることが自信につながる

多くの場合において、人が自分に自信を持つことが出来るのは、自分の行いや能力が社会に評価されたときです。

これには、他者からの直接的な評価だけでなく、テストの点数・営業実績といった数値で表される指標も含まれます。

他者から直接的に評価されたり、社会的に好ましいとされる条件を達成したときに、人は自分に自信を持つことが出来ます。

そして、自信は次の行動を起こすためのモチベーションへとつながり、それが社会からの更なる評価をもたらしてくれます。

HSPは社会的な価値観に疑問を持ちやすい

一般的に、社会で好ましいとされる価値観は、多くの人が無条件に好ましいものであると受け取っているかと思います。

そのため、社会的に好ましいとされる自分になることを目指して、一生懸命に努力します。

そして、その努力の成果が社会から認められることで自信を持ち、更なる成果を出すためのモチベーションを得ることができます。

この循環はとても素晴らしいものであり、今ある私たちの社会を作り出す大きな原動力となってくれました。

ですが、慎重で思慮深いHSPは、時として社会で好ましいとされる価値観に疑問を抱いてしまうことがあります。

そして、社会的に好ましいとされる自分になることに対して、自らブレーキを踏んでしまうのです。

HSPの持つこの性質は、例えば大量消費社会から循環型社会への転換といった、社会的な価値観の大きな転換期には、大変重要な役割を果たします。

しかし一方で、社会的な価値観が変化する必要性を持たないときには、社会における競争力を削いでしまう結果をもたらしてしまいます。

「HSPの持つ慎重さや思慮深さといった美点が、自分に自信を持てない原因となってしまう」ことが、十分に考えられるのです。

社会が求める価値観は絶対的なものではない

社会的に好ましいとされる価値観に疑問を持ってしまうことで、競争的な自分になり切れず、そのことを原因として生きづらさを抱えてしまうHSPは多くいるかと思います。

ですが、社会で求められている競争でうまく立ち回れないからといって、そのことによって人としての価値が損なわれるということは全くありません。

なぜなら、社会で求められている競争力というものは、社会的な条件が異なれば容易に変化するものであるからです。

つまり、今の社会で好ましいと思われている価値観でも、時間や場所が異なればその評価も異なってしまうということです。

そのため、今ある社会における競争の中でうまく立ち回れることが、どの時代や世界でも通用する絶対的な価値を持っているわけではありません。

もちろん、今生きている社会における価値観の下で一生懸命に努力し、社会から認められる人間になることは、とても素晴らしいことです。

ですが、社会的に好ましいとされる価値観の下で成功を収めるよりも大切なのは、それが絶対的で不変のものであるということに疑問を持ち、自分が良いと思える価値観を自ら構築することのはずです。

そして、慎重で思慮深いHSPは、それを達成するための恵まれた才能を持っているのだと思います。

まとめ

HSPが自分に自信を持てない原因となってしまうのは、慎重さや思慮深さといったHSPの美点にあるのかもしれません。

慎重で思慮深いがために、「社会的に好ましいとされる価値観に盲従することができず、その姿勢が社会において評価されにくい」ということが十分に考えられます。

そして、社会において自分の価値観や姿勢が認められているという感覚を失ってしまうと、それが自分に対する自信を失う原因になってしまいます。

しかし、社会的な価値観というものは時代や場所の違いによって容易に変化してしまい、絶対的で不変なものではありません。

HSPはその慎重さや思慮深さでもって、そのことを意識的・無意識的に気づいているのだと思います。

そのため、あなたが自分に自信を持てないHSPだと感じていても、そのことを決して悲観する必要はありません。

その理由は、社会から正当に評価されなくても、「社会における価値観が絶対的ではないことを知り、それに盲従しない形で自分自身の価値観を確立すること」のほうが、尊いものであるためです。

HSPは、それをなし得る美点をもっていることに、自信を持って良いのだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【まとめ】HSPの長所・才能を生かせる仕事・おすすめの適職5選

【オンラインカウンセリング】cotreeをおすすめしたい理由・料金・評判・口コミまとめ