HSPの四大特徴である「DOES」とは?

HSPとは

HSPの第一人者で『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。(原題:The Highly Sensitive Person)』の著者であるエイレン・N・アローン博士は、HSPなら誰しもが持っている4つの特徴を、その頭文字を取って「DOES(ダズ、ドゥーズ)」と名付けました。

HSPの代表的な特徴を一言で表したDOESとは、いったい何を意味しているのでしょうか?

ここでは、HSPの四大特徴であるDOESの意味について解説します。

DOESが意味するHSPの特徴

HSPの四大特徴であるDOESは、以下の4つの頭文字からきています。

・Depth of processing (D):処理の深さ
・Over stimulation (O):刺激過多になりやすい
・Emotional responsiveness & Empathy (E):感情反応の強さと高い共感性
・Sensitive to subtleties (S):微妙なことへの敏感さ

これら4つの特徴はそれぞれが互いに連携しながら、繊細なHSPの性格を形作っています。

これから、それぞれの特徴について詳しく述べていきます。

D:処理の深さ

HSPは、視覚・聴覚・触覚などを通して入ってくる情報を、それぞれを関連付けながら深く処理することが出来ます。

そのため、他者の何気ない一言や些細な行動から、その人の思っていることや欲しているものを言い当てて、驚かれることもあります。

また、様々な情報を関連付けて多角的な視点から物事を考えることが出来るので、これから起こることを正確に予測する能力に優れています。

一方、わずかな情報から短絡的に結論を下すことが苦手なため、物事を考えすぎて決断が遅くなったり、倫理観の強さから身動きが取れなくなってしまうことがあります。

O:刺激過多になりやすい

HSPは外界からの情報を敏感に察知し、それらの処理に多くの時間やエネルギーを必要とするので、わずかな刺激であっても心身に大きな負担がかかることがあります。

そのため、周囲の人たちと同じように行動していても、人一倍強い疲れを感じてしまいがちです。

また、大きな音・強い光や香りなどが苦手で、賑やかな場所よりも落ち着いた静かな場所を好む傾向があります。

一方、刺激に敏感でありながらも強い刺激を志向する「刺激追求型HSP(HSS型HSP)」という人たちも一定数存在します。

【まとめ】HSS型HSPの特徴・診断・才能を生かせる仕事について

E:感情反応の強さと高い共感性

HSPは他者の気分や感情に強く共感し、自分の感情までそれらに反応して左右されてしまうことがあります。

例えば、暗い雰囲気にのみ込まれてひどく気分が落ち込んでしまったり、怒られている人を見て自分まで心が苦しくなってしまうのが、HSPに特徴的な感情反応として挙げられます。

一方、他者の気持ちに対する共感性の高さは、HSPの優しさや思いやりの強さを形作っているといえます。

また、喜びや感動を人一倍強く感じられる点も、感情反応の強さに起因するHSPの長所であると考えられます。

S:微妙なことへの敏感さ

HSPは、他の人が気づかないような物事のわずかな変化を敏感に察知する能力に長けています。

そのため、人間関係においては、話し相手の声のトーンや表情の些細な変化に気づき、その感情を意図せず察してしまうこともあります。

また、仕事の場においては、細かなミスにもよく気が付くため、なかなか物事を終わらせられない完璧主義的な傾向もあります。

一方、物事のわずかな変化にもよく気が付くHSPは、重大な事故につながるミスを犯しにくく、自分の身に迫る危険を察知する能力に優れていると言われています。

HSPと内向性・外向性

HSPは物静かで一人を好む内向的なイメージがありますが、HSPであることは必ずしも内向的であることを意味してはいません。

エイレン・N・アーロン博士によると、全HSPのうち30%は、広い交友関係や新しい人と出会うことを好む「外向型HSP」であるとされています。

HSPの特徴であるDOESは、「繊細な心」や「刺激に対する疲れやすさ」といった点で内向性と間接的に関わっていますが、直接的な影響を与えるわけではありません。

HSPと内向性が混同して捉えられがちなのは、HSPの大半(約70%)が内向型であることと、「内向型を強みにする」「内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える」といったベストセラーで示された内向型の定義がHSPとよく似ていることが、理由として考えられます。

HSPと発達障害

人間関係に悩みを抱えやすく、光・音・香りなどの刺激に敏感なHSPは、似た様な特徴を持つ発達障害としばしば混同されることがあります。

ですが、HSPと発達障害が似た様な特徴を持つ背景には、それぞれ異なる原因が潜んでいます。

以下の記事で、HSPと発達障害の違いについて解説しているので、参考にしてください。

HSPと発達障害の違いは?自閉症スペクトラム障害(ASD)との比較を例に解説します

おわりに

HSPの四大特徴であるDOESは、「処理の深さ(D)」「刺激過多になりやすい(O)」「感情反応の強さと高い共感性(E)」「微妙なことへの敏感さ(S)」という異なる4つの特徴から成り立っています。

これらは繊細で敏感なHSPの性格を形作る要素ではありますが、内向性・外向性との直接的な関りはありません。

この記事が、あなたのHSPに対する理解に貢献できれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

もっとHSPについて知りたい人は:
自分がHSPだと思ったらまず読んでほしいおすすめの本4選