【アドレスホッパーと仕事】多拠点生活におすすめの仕事は?フリーランスとしても働ける職業5選

コラム

家を持たないアドレスホッパーとして生活する上で、時間・場所・組織に縛られない仕事に就いていれば、より自由な生き方を実現させることが出来ます。

企業や組織などに所属せず、個人で働く形態のことを「フリーランス」といい、近年一般的な働き方となりつつあります。

フリーランスという働き方が広まっている背景には、「インターネットが個人単位で幅広くつながる社会を可能にした」ことが挙げられます。

これからの社会では、「個人で稼ぐ力」が必要不可欠であるとともに、副業などを通してスキルや生計を多様化させることも求められます。

そのため、インターネットの仕組みを利用して、フリーランスとして働いて収入を得るスキルが獲得できれば、アドレスホッパーとしてだけでなく、将来にわたって役立つ資産となるはずです。

ここでは、フリーランスとして働けるアドレスホッパーにおすすめの仕事5つと、その実現に役立つインターネット上のサービスをご紹介します。

Webライター

近ごろ「在宅ワーク」「リモートワーク」といった言葉がよく聞かれるようになりました。

Webライターは在宅ワークの中でも特に需要の大きい仕事の一つで、未経験からでも気軽に始めることが出来るため、副業としては最も高い人気があります。

主にブログ記事などを執筆するWebライターは、インターネット広告とつながりの深い仕事です。

インターネット広告の市場規模はここ数年で倍増しており、この流れは今後もますます加速していくと考えられています。

Webライターとしての収入だけで生計を立てている人はまだまだ少ないのが現状ですが、将来的にはWebライターの需要がさらに大きくなり、高収入を手にする人が増えてくることが予想されます。

Webライターになるには

Webライターとなる上で登録が欠かせないのが、「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

クラウドワークスとランサーズはどちらも日本最大級のクラウドソーシングサイトで、Webライティングの案件に関しても、初心者用から高単価なものまで多数掲載されています。

サグーワークス」は日本最大手のライティング特化型クラウドソーシングサイトです。

サグーワークスでは、依頼者と直接やり取りをせずに、担当者の指示の下で仕事を進めることが出来るので、Webライティング未経験の方には特におすすめです。

初心者のうちはWebライターとして高収入を得ることは難しく、時給換算するとアルバイトよりも低い賃金となってしまうこともあります。

ですが、経験を積むうちに作業効率も上がり、高単価の案件を獲得できるようになるので、専業ライターとして生計を立てることも出来るようになります。

ITエンジニア(プログラマー・システムエンジニアなど)

IT関連業界はリモートワークが最も進んでいる分野であり、現在でも多くのITエンジニアが在宅や旅先で仕事をしながら生計を立てています。

また、他の業界と比べて多くの企業がリモートワークの制度を採用しているため、フリーランスとしてでなく、正社員としての福利厚生とリモートワークを両立できる点が、ITエンジニアの特徴であるといえます。

現在は世界的にIT人材が不足しており、人材市場におけるITエンジニアの需要が非常に大きくなっています。

そのため、ITエンジニアに関するフリーランス案件は数多くあり、報酬単価も高く設定されています。

「インターネットを使って個人で稼ぐ」ことが当たり前になる時代では、プログラミングといったIT関連スキルの重要度が、今よりもさらに大きくなります。

専業のITエンジニアとはならない場合でも、これからフリーランスで働く人にとっては、IT関連スキルの修得が必須事項になると予想されます。

ITエンジニアになるには

未経験者がいきなりITエンジニア関連のフリーランス案件を獲得するのは非常に困難です。

そのため、フリーランスのITエンジニアとして活動するためには、プログラミングスクールに通うか、IT関連企業に就職して経験を積む必要があります。

現在、日本最大手のプログラミングスクールと言われているのが「CodeCamp」で、「LINE」や「ニトリ」といった有名企業も研修で利用しています。

フリーランス案件の最も多い「Web開発コース」の場合、「2ヶ月・16万円」で受講することが出来ます。

7~24時の間ならオンラインでいつでも受講することができ、無料体験レッスンも行っています。

GEEK JOB」は未経験者の転職率が95%を超えるITエンジニア専門の転職エンジニアです。

10代・20代で首都圏在住の人が対象で、無料のプログラミング学習と就職支援を受けることが出来ます。

短期間でスキルを修得したい場合はプログラミングスクール、お金をかけずにスキルを修得したい場合はIT関連企業への就職が選択肢となります。

イラストレーター・クリエイター

想像力や制作技術を通して働くことの出来るイラストレーターやクリエイターも、フリーランスとして働くのに適した職業です。

現在では、誰しもが必ずイラストレーターやクリエイターとして生計を立てられるとは限らない実状があります。

ですが、今後AI技術が発達し、人間が行ってきた単純労働がAIによって代替されるようになると、人間が行うべき仕事はデザインやイノベーションといったクリエイティブ領域に集中するとも予想されています。

イラストやモノづくりといったクリエイティブな活動が好きな方は、副業としてでもイラストレーターやクリエイターとしてのキャリアを積んでおけば、将来的に趣味や特技を生かして働く未来が訪れるはずです。

イラストレーター・クリエイターになるには

フリーランスのイラストレーター・クリエイターになるには、デザイン事務所や工房などに就職して経験を積み、その後フリーランスとして独立するのが最も現実的な方法です。

ですが、本職を持ちながら「Facebook」や「Instagram」などのSNSで創作活動をPRしたり、まずは副業として少しずつ知名度を上げた後に、フリーランスとしてのキャリアを始める人も少なからずいます。

フリーランスのイラストレーター・クリエイターとして活動する上で役立つサービスとしては、「ココナラ」「ココナラハンドメイド」「BASE」が挙げられます。

ココナラは、自分の趣味や特技を生かして働くことをコンセプトとしたサービスで、イラスト・キャラクター・似顔絵などの販売や制作受注を行うことが出来ます。

ココナラハンドメイドは、ココナラのハンドメイド販売専門のサービスで、バッグやアクセサリーなどのハンドメイド商品の制作・販売を行うことが出来ます。

BASEは無料でオリジナルのネットショップを作ることの出来るサービスで、ハンドメイド商品だけでなく食品などを扱うショップも開設することが可能です。

これらのサービスは副業としてお金を稼ぐだけでなく、自分の創作活動に対するファンを獲得し、フリーランスのイラストレーター・クリエイターとして活動を始めるための、履歴書代わりにもなってくれます。

コンサルタント

自分の持っている知識や経験で勝負することの出来るコンサルタントも、フリーランスとして働くことが一般的となっている職業です。

以前までは経営・マーケティング・ITといった分野がコンサルティング企業の大部分を占めていましたが、現在ではサービスの多様化が進み、フィットネスやユーチューバーといった新しい分野でコンサルタントを行う人も増加しています。

価値観の多様化が進み、趣味や遊びが仕事となるこれからの社会では、自分の趣味や特技を生かしてコンサルティングやコーチングを行う人が、ますます増えていくことが予想されます。

人にアドバイスを与えられるような知識・経験・特技があれば、分野を問わずコンサルタントとして働ける日が、近い将来やってくるかもしれません。

コンサルタントになるには

企業向けのフリーランス・コンサルタントとして働くためには、コンサルティング企業やシンクタンクなどに就職してキャリアや人脈を作り、その後に独立するのが現実的です。

趣味や特技を生かしたコンサルタント(もしくはインストラクター)を目指す場合には、就職や資格取得を通して、その分野で働く上で必要な経験を積むことが重要となります。

また、上述の「ココナラ」では、ダイエットのアドバイスや恋愛相談などを始めとした、ニッチな分野でのコンサルタントとして副業を行っている人も多くいます。

ユーチューバー・インフルエンサー

インターネットの発達によって個人でも情報を発信することが可能となったため、ユーチューバーやインフルエンサーといった新しい職業が生まれました。

ユーチューバーやインフルエンサーは、YouTubeやInstagram上にコンテンツを発信して集客し、企業から広告収入を受け取るというビジネスモデルを利用して稼いでいます。

自分の趣味や私生活がそのままコンテンツとなり、アカウントを作成すれば誰でも無料で始められるのが魅力です。

一方で、現状としてユーチューバーやインフルエンサーとして生計を立てられているのはごく一部であり、本業とするには非現実的な仕事であるかもしれません。

ですが、今後はインターネット広告の市場規模がさらに大きくなることが確実視されているので、十数年後には一般的な職業の一つとなっている可能性も大いにあり得ます。

ユーチューバー・インフルエンサーになるには

YouTube」や「Instagram」でアカウントを作成し、コンテンツを発信すれば誰でもユーチューバーやインフルエンサーになることが出来ます。

気軽に始めることが出来ますが、一度発信した情報は社会に拡散され、インターネット上に残り続けるので注意が必要です。

なお、YouTubeで広告収入を稼ぐためにはフォロワー数などの条件を満たす必要があり、Instagramを利用する場合にはスポンサーとなる企業と契約することが、収入を得るために必要となります。

おわりに

企業に所属しながらでもアドレスホッパーになることは出来ますが、時間・場所・組織に縛られない仕事に就くことが出来れば、より自由な生き方を実現させることが出来ます。

フリーランスは基本的に実力主義・成果主義であり、開始後すぐに生計を立てるだけの収入を稼げるかどうかわからないというリスクもあります。

ですが、これからの時代は「インターネットを利用して個人で働く・稼ぐ」ことが当たり前となることが確実視されています。

いきなりのフリーランス転向はハードルが高いかもしれませんが、時間をかけて少しずつスキルを獲得することによって、より自由に働ける未来を手にすることが出来ると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【一人で自由に】資産となるブログの始め方【コツコツ運営】

コメント